当ブログ使用テーマ|「SWELL」をみてみる >>

【大切】お金だけじゃない!若者が持っている4つの資産

Copy the URL
Copied the URL!
すこっち

こんにちは、すこっち(@sukotti_i)です!

悩むシマウマくん

「人生はお金だけじゃない」ってよくきくけど、それってなんだろう。僕はなにか持っているのかな?

昔から「若ければなんでもできる」と言われますが、何を指しているのか正直あまりピンとこないですよね。

私も今年で26歳になりましたが、いまだに周りの先輩からよく言われます。

 

しかし、最近本を読んだり、幅広い年代の方と話すことによって、少しずつ「若い」の価値がわかってきました。

これからお伝えする「若者が持っている資産」を意識して日々過ごすことによって、必ず人生は良い方向に進んでいきます。

若いうちから良い習慣を身に付けると大きな武器になりますよ。

それでは、早速みていきましょう。

TOC

若者が大切にするべき、お金以外の4つの資産とは

時間

人生を豊かに考える

この世で唯一不変の事実として、「時間は有限」です。

当たり前のことですが、日々このことを意識して過ごしている方はどれぐらいいるでしょうか?

 

私の思考法として「人生を80年と仮定したとき、それを”1日”に換算」して考えるようにしています。

例えば、20歳はAM6:00です。(20/80年×24時間=6時間)

AM6:00は「今日も一日頑張るぞ!」と意欲的で、体力満タンで活動していく時間ですよね!

しかし、PM18:00を過ぎる頃、つまり定年を迎える頃には「今日も1日頑張ったな」と家でくつろぐことでしょう。

 

そう思うと、20歳〜60歳の「時間」をどのように使うかがとても大切だと思いませんか?

 

1日の最後、ベッドの中で「今日もよく頑張った」と自分を褒められるような毎日を懸命に生きましょう。

日々この意識を持って生きれば、一ヶ月後、三ヶ月後、半年後、一年後…には絶対に大きく変化しているはずです。

 

最近読んだ「神・時間術」という本が、個人的にとても勉強になったので興味のある方はどうぞ。

人脈が広がる

人間関係を広げる

若いうちは自由に行動できるので、人脈を広げやすいです。

独身であれば、時間やお金の使い方を自由に決められるので、飲み会に参加したり、スキルアップのためにセミナーに参加するなど、様々な価値観の人と知り合うことができます。

特に学生であれば、同じクラスやゼミ仲間など、容易に広げることができるので有効活用しましょう!

 

また、お金を掛けたくないのであれば、SNSを始めてみるのも良いでしょう。

今までは知り合えなかったような遠く離れた人とも、家でテレビをみながら繋がることができますよ。

 

若いうちは、よっぽど嫌な誘いじゃなければ、とりあえず一度誘いに乗っかってみましょう。
もし合わなければ、2回目いかなければいいだけなので。

新しいコミュニティに参加することで、今までの自分が気付いていない、新しい趣味や価値観を持った人々と出会えるかもしれません。

リスク許容度が高い

悩む若者

若者は「リスク許容度」が高いことが非常に大きな強みです。

※「リスク許容度」とは、自分の行動や選択による損失にどれだけ耐えられるか(許容できるか)です。

リスク許容度に影響を与える4大要素

  • 若さ
  • 配偶者、子どもの有無
  • 保有資産の多さ
  • 性格

 

例えば、独身と配偶者の有無によって、選択できる行動は大きく異なります。

家庭を持つと、自分だけでなく、配偶者や子どもを「養う義務」が生じます。

そのため、やりたい仕事があっても年収が下がる条件は難しかったり、自己投資に費やす時間やお金が制限されるようになります。

 

また、学歴やキャリアについても最初は選択肢が広いですが、年齢を重ねるとどうしても選択肢の幅が狭くなってきます。
(定年を迎えてから「宇宙飛行士になりたい!」と思ってもなかなか難しいですよね…)

若ければ若いほど、圧倒的に失敗のリカバリーが取りやすく、軌道修正しやすいです。

 

挑戦は何歳からでも遅くないですが、若ければ若いほど動きやすいのは間違いないです。

やりたいことがあるなら、今すぐ行動していきましょう!

健康な身体

運動している人

「健康」は、毎日の運動や食生活など、日々の習慣によって形成されます。

 

最近ちょっとの階段で息切れしたり、特に激しい運動をしたわけでもないのに筋肉痛になったりしていませんか?

現代はあらゆる職業でデスクワークに移り変わり、本当に足を動かす機会が減りました。
(私も会社ではトイレや飲み物を買いにいく時ぐらいしか立ちません)

定年を迎えてから運動を始めようと思っても、その頃にはさらに基礎体力がかなり低下していることでしょう。

若いうちから運動習慣を取り入れておくことはとても大切です。

 

また、食生活も甘くみてはいけません。

当たり前ですが、人間は口にした物の栄養が身体に吸収されます。

つまり、時間が経つにつれ、食べ物から受ける影響はとても大きくなります。

「料理ができないから」という理由で、外食ばかりで栄養が偏ったり、飲み会で必要以上に食べてないですか?

心当たりがある方は一度生活を見直してみましょう。

 

学生の頃と異なり、社会人になると自分で意識的にポジティヴな習慣を取り入れていく必要があります。

運動や食生活に不安を感じている人は今日から少しずつ習慣を見直してみてください。

 

ラーメンが美味しいのはわかります、私も好きです。

しかし、残念ながら「健康」をお金で買うことはできません。

なにか症状が出てから「もっと早く気を付けていればよかった…」と後悔しても遅いですよ。

 

まだイマイチ健康の価値がピンとこない方はこちらを読んでみてください。
笑いもあって読みやすいですが、内容が深くオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

若者はお金以上に大切な資産をたくさん持っています。

どれも大きな武器になりますが、一朝一夕で凄まじい成果が出ることはありません。

今日から少しずつ意識を変え、日々の生活に良い習慣を取り入れていきましょう。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

If you like this article, please
Follow!

よかったらシェアしてね!
Copy the URL
Copied the URL!

Author of this article

「すこっちブログ」の管理人

”人見知りでも”上手に生きる秘訣を発信
■都会育ちの人見知り
■人生の夏休みと言われる大学でも直行直帰
■現在は部下7名の育成・マネジメントを行う
■27歳/東証一部上場に勤務/大人数は苦手
■2020年には社内アワード受賞

〜現在WEBマーケターを目指して転職活動中〜

TOC
閉じる